背筋をブルッと看護師転職サイト

老健は医療行為が少ないから楽だと思っていると痛い目に合いますよね・・・(;一_一)

一般的に、病院などに比べると介護施設は楽というイメージがありますよね^_^

たしかに、病院のように治療の場ではないことから、医療行為の少ない職場ではあると思います。

しかし、老健では看護師の仕事も膨大にあります( ;´Д`)

うちの職場は、利用者さん100名に対し、看護師が10名在職しています。

老健は、24時間365日看護師が常在するため、夜勤業務もあります。

ですから日勤は5名前後、夜勤が1名でシフト制で働いています(´・Д・)」

ドクターが常勤することから、平日はドクターへの報告、体調不良者の診察、内服処方、回診など医務内は大忙しです。

また、内服薬の準備も誤薬がないよう二重確認しながらセットします。

各フロアーには、看護師が一名ずつ配置され、検温や、処置、経管栄養の薬注入などを行います。

高齢者は皮膚トラブルが多いですよね(・_・;
だから、処置もかなりの人数がいるんです( ;´Д`)

中には、たん吸引を頻回に必要とする人もいますし、フロアの業務もかなり大忙し...(-。-;

そして、みなさん基礎疾患をもち、いつ何が起きてもおかしくない高齢者ばかりですから急変も度々おこります( ;´Д`)

施設内で対応出来ない時は、緊急受診や、救急搬送となります。

それもまた、ずいぶん長い時間かかりますので、施設内は看護師が一人欠となりますし、受診介助の看護師も遅い時間まで帰って来れないことがしょっちゅうありますね(-。-;

夜勤中は、100名の利用者さんを一人で体調管理するわけですから、責任も重く、体調不良者が頻発している場合は大忙しです(・_・;

インフルエンザやノロウイルスなど蔓延してしまうと、残業三昧の日々です>_<

老健は、病院より楽だろうと安易に考えると痛い目に合いますねf^_^;

2014年1月20日|

小児科クリニックを選んで後悔した事は?

一般の病院と違って、クリニックは日勤の業務だけだし、特に小児科というと他の科に比べると楽なのかも、
というイメージがありませんか?
ところが、小児科って結構大変ですよ。
仕事が楽だというイメージだけで小児科クリニックを選ぶと後悔するかもしれませんね。

大変な理由の一番は、やっぱり大人とは違うところだと思いますよ。
大人の患者さんだったら、こちらの思い通りにある程度動いてくれますよね。
点滴や注射や採血の時にも、嫌だとしても我慢してくれます。
でも、子どもというのは、なかなか我慢する事ができないので、泣いたり暴れたり、抵抗したりがスゴくて、
採血するだけでも、大人の何倍もの時間がかかってしまうんです。
それに、抵抗する子どもを押さえつける為に、スタッフも必要になります。

レントゲンを撮る時にも大騒ぎですよね。
泣き叫ぶ子どもを抱き上げて、台の上にのせて、という感じで、体力も必要になりますよ。

それと、働いているママさんが、仕事の後に子どもを連れてくるケースが多いので、
受付の修了間際は待合室は満員なんです。
その為、実際に診察が終わるのは、夜の8時だったり9時だったりという時もあります。
働いているママさんは時間がありませんから、ギリギリの時間に診察に来るという気持ちもすごくわかるんですよ。
でも、正直言って大変です。

でも、これも、スタッフが充実していれば負担が軽くなるので、問題ないのかもしれませんよね。
クリニックという少人数で回している職場だから、大変なのかもしれません。
現在は、毎日のように残業があって、昼休みもまともに取れない状態、それに一日中走り回っている感じです。
イメージだけで職場を選ぶのはいけませんね。
せめて、スタッフが増えてくれればと思っているところです。

2013年12月21日|

看護師求人情報サービスの選び方は?

転職や復職する際に、看護師求人情報サービスを利用している人が、とても増えています。

しかし、現在では、30社ものサービスがある為、どのサービスを選んだらよいのか、とても迷うところだと思います。

何をポイントに選ぶかは、人それぞれ異なります。

サービスによっては、全国対応しているところと、地域限定しているところがあります。

全国対応しているところは、圧倒的に求人数や登録者の人数が多いので、多くの情報の中から、適切なアドバイスをしてもらえる、というメリットがあります。

地域限定のところは、その地域のより詳しい情報を把握しているので、細かいアドバイスをしてもらえる、というメリットがあります。

看護師求人情報サービスに登録すると、担当のコンサルタントさんが、希望にあった看護師の求人を探してくれるんですが、この、コンサルタントさんの質は、各会社によって違います。

沢山の看護師に接して、いろいろな事例を経験しているコンサルタントさんであれば、看護師の目線になって求人探しをしてくれます。

そして、コンサルタントさんも人間ですから、相性というのもあります。

看護師求人情報サービスには、すべて無料で登録する事ができます。

その為、何社か、複数のサービスに登録すれば、より多くの求人情報を手に入れる事ができます。

コンサルタントさんによって、希望の職場を探す事が出来るのかどうか、が左右されますから、何社か比較してみて、自分に合ったコンサルタントさんを見つける事も良い方法です。

会社によっては、就職した後も、メールや電話をくれて、困っている事がないかなど、サポートをしてくれるんですよ。

良い会社を選ぶのには、やはり、比較してみるのが一番いいかもしれません。

2013年11月21日|

職場の保育所に慣らし保育はある?

普通の認可や私立の保育園では、初めて入園した時には必ず慣らし保育の期間があります。

初日は1~2時間から始めて徐々に時間を伸ばして、慣らし期間が終わるのには2週間~長いところでは1ヶ月くらいかかるところもあります。

看護師の仕事で院内や施設内の保育所に子供を預ける場合、あまり長い慣らし期間があってもなかなか仕事を始めることが出来ず困ると思われるかもしれません。

でも慣らし保育の期間は出来るだけ日数をとってもらってゆっくり子どもを慣れさせてあげたほうがいいですよ。

特に子どもの年齢が低い場合は、園に入ってすぐに熱を出したり、知らない人の中で泣きっぱなしになってしまったりなんてこともあります。

ある程度の年齢(3歳以上)になっていても、それまでがずっと母親や家族と一緒に過ごしていたら、慣れない人の中でいきなり長時間を過ごすのは、子供にとってもストレスですし、お母さんも気が気ではないですよね。

ところが院内保育所や託児所のなかには、慣らし保育の期間をほとんど設けていないところもあるそうです。

そういうところは保育内容も良くなかったり職場の育児への理解度も低かったりしますから、避けたほうがいいですよ。

私も子どもが一歳のときから復職しましたが、職場探しの際は院内保育所の様子をよく確認して選びましたし、慣らし保育期間は初めは勤務無しからはじめて短時間勤務にして頂き、子供が慣れてからフル勤務に移行するという形を取って頂き、安心して働き始めることが出来ましたよ。

2013年10月23日|

夜勤専従看護師の給料はどのくらい?

日勤専門のパートなどが増えている裏で、夜勤専従看護師の需要も結構高いのですが、ハローワークやナースバンクなどでは求人情報が少なくて探すのが難しいですね。

病院のホームページなどで募集していることもありますが、こういうところは夜勤看護師の定着率が悪く、仕事がハードだったりする恐れもあるのです。

夜勤専従看護師の求人を探すなら、看護師求人サービスを利用して希望の条件に近いところをさがすのが一番ですよ。

看護師求人サービスには夜勤専従看護師の求人もたくさんありますし、ハローワークやナースバンク、あるいは病院の直接の求人情報には書いていない、業務内容の詳細や、働きやすさや、離職率の情報なども調べてもらえるという利点があります。

給料や時間といった基本情報のほかに、子育てサポート体制が整っているかとか、シフト希望が通りやすいかどうかといった条件も設定して検索することが出来ます。

夜勤専従は少ない日数で効率よく稼ぐことが出来ますが、やはり夜間の長時間勤務で一回当たりの身体への負担は大きいです。

夜勤専従の仕事を探すなら給与などの表面的なことだけに惑わされないで、なるべく自分にとって無理のない環境のところを選んだほうが得策ですよ。

2013年9月18日|

苦手な患者さんと接する時に注意している事

看護師というのは、常に沢山の人と接する仕事です。
人にはいろいろなタイプがありますから、患者さんの中には、苦手だな、と思う方ももちろんいます。

患者さんというのはお客様ですから、看護師は、常に患者さんの立場になって、低姿勢で接するのが当然なんですが、
たとえば、待ち時間が長くてイライラし、看護師に八つ当たりする患者さんや、
看護師を家政婦のように使う患者さんがいたりすると、苦手だな、イヤだなと思ってしまいますよね。

不思議な事に、こちらが苦手だな、と思ってしまう感情は、相手にも伝わってしまうものなんです。
気をつけていても、自然と、表情や態度、口調に現れてしまうんです。

自分が患者として、病院に受診に行った時にも、この人苦手だな、と思う看護師っていますよね。
業務が忙しい為に、常に難しい表情をしていたり、態度が荒かったりする看護師には、
患者としても、態度がキツくなってしまうものだと思います。

苦手だな、イヤだな、と思う患者さんと接する時に、とてもいい方法があるんです。
それは、接する前に、深呼吸をして、笑顔を作ってから声をかける事なんです。

人間、やはり、笑顔で接してもらうと、気持ちが緩むものです。
そして、優しい態度で接して貰うと、相手も優しく返してくれる事もあります。
そんな時には、この人、以外といい人なんだ、と思う事もあるんです。

患者さんに、キツい態度やイヤな態度を取られた時には、まず、自分になにかそうされる理由があるのかな、
と振り返ってみる事が大切です。

患者さんは、病気に苦しんでいるわけですから、自分から相手に近づいて行く事が大切なんです。
苦手だな、と思った時には、まずは深呼吸して笑顔で接してみてください。

2013年9月 3日|

キャリアアップを望みますか?

看護師の中には、キャリアアップを目指している方が沢山います。

私の周辺にも、キャリアアプを目指して、准看護師から、正看護師になった先輩がいます。
そして、友人は、正看護師から保険師の資格を取りました。
現在は、大学院に通って、さらにキャリアアップを目指しています。

このような人達が周りにいると、自分も少なからず刺激を受けますよね。
私も、キャリアアップを目指そうと思った時があったんです。
でも、良く考えてみると、自分の理想とする事が何なのか、というよりも、現在の職場でやりたい事が沢山ある、
という事に気がついたんです。

私は、介護施設で正看護師として働いているんですが、今は、キャリアアップよりも、この介護の現場で、
利用者の方との関わりを大切にしたいと思っているんです。

キャリアアップについていろいろ考えてみたんですが、今のこの介護施設で行っている仕事が、自分自信の理想に一番近い、
という考えに辿りついたんですよね。

現在の職場には、まだまだ課題が沢山あって、やり残している事、やりたい事も沢山あります。
自分が納得できる仕事ができるまでには、まだまだ時間がかかると思います。

介護施設では、利用者の方がその人らしい生き方をして、最期の時を迎える事ができるように、
看護師としてその為のケアをする事がとても重要です。
現在ある問題をクリアしなければ、先に進みたくないと思っているんです。
中途半端で終わらせたくないんですよね。

でも、いつか、自分の中で新しい課題ができた時、それを達成する為に、キャリアアップを望むようになるかもしれませんよね。
ただ、今の時点では、キャリアアップよりも、今の職場で、納得できる仕事をしたいと思っていますね。

2013年9月 3日|

中途採用で職場に馴染めるか心配です・・・

私は、中途採用で今の職場で働くようになりました。
実をいうと、始めの頃は、馴染むまでに、とても苦労したんですよ。

よく、中途採用の方は、今までの看護師としての知識があるだけに、周りのスタッフも気を使ってしまうし、
なにしろ、同期がいないので大変だ、という話を聞きますよね。
私も全くその通りでした。

今までの看護師としての知識があっても、新しい職場では、仕事のやり方が全く違います。
物が置いてある場所も一から覚える必要があるし、中途半端に、以前の職場でのクセがついているので、
なかなかスムーズにいきませんでした。

一番心細かったのが、気軽に相談できる人がいなかった事です。

周りのスタッフは、経験がある私の事を様子見して、お互いに気を使っている状態でしたね。
暫くの間は、何だかギクシャクした雰囲気でした。

そんな時、グチを言い合ったり、何でも話ができる同期がいるのは、どんなに心強いものなのかと、改めて感じました。

始めの頃は、そのような感じで、慣れるまでが大変でしたが、4年目の今ではもう慣れたものです。

中途採用の大変さが良くわかっているので、中途採用やブランク看護師の教育係のような仕事もしているんですよ。

最近では、仕事を探す方法として、看護師求人情報サービスを利用している方が多いと思いますが、
これらのサービスを利用する事は、とてもおススメですね。
登録が無料で、役に立つ情報を沢山入手する事ができます。

現在では、復職した看護師の為に、復職支援セミナーが開催されているので、
中途採用の看護師は、是非利用してみると良いと思います。
スムーズに職場に復帰する為には、準備も必要だと思いますね。

サービスを利用して、自分にあった職場探しをする事が大切です。

2013年8月16日|

デイサービスの仕事って楽しい?ハード?

看護師の働く職場の一つに、デイサービスでの仕事というのもあります。
派遣看護師が多いデイサービスでの仕事は、看護というよりも、介護の仕事が主になります。

しかし、内服や経管栄養をしている患者さんもいるので、看護師としての経験や知識も、もちろん必要な仕事です。

デイサービスの仕事は、介護の仕事が多い為、病院での仕事と大きく異なりますね。
基本的に医療行為ができない場所なので、病棟や外来などで、バリバリと仕事をしていた看護師さんにとっては、
刺激が足りず、やりがいを感じないのかもしれません。
中には、単発バイトだから、この仕事をこなす事ができる、という方もいるようです。

デイサービスでは、介護の職についている方に主導権があります。
看護師は、介護師のサポートをする役割にあたるのかもしれません。
主な仕事は、バイタルチェックやなど、患者さんの健康管理です。

患者さんが急変する場合もありますから、もちろん慎重に仕事をする必要がありますが、
仕事内容は、比較的に単純です。

子育てをしているママさんナースにとっては、無理をしないで仕事をする事ができる為、おススメだと思われます。
仕事と育児を両立させる為には、自分のペースに合わせる事ができて、ストレスがないような仕事を選ぶ事が大切ですが、
その点、デイサービスの仕事は、ゆったりとした感じで落ちついて仕事ができるようです。

看護師の資格を生かして、とにかくバリバリ働きたい人には無理かもしれませんが、
落ちついて仕事をしたい方や、介護に興味がある方にとっては、とても楽しい仕事だと思いますね。
デイサービスの仕事は、患者さん一人一人と、触れ合いながら仕事をしたい、という方にもおススメの仕事だと思います。

2013年8月16日|

看護師のための復職支援セミナーに参加しました

私は出産後にブランクが5年ほどあり、そろそろ復帰を考えています。

結婚前は民間の中規模病院に勤めていました。

主に外科病棟で勤務していました。

私は子供が2人いて、1人目を出産後は産休1年で復帰しました。

その後、2人目を出産してからは、主人の転勤などもあり復帰の機会がありませんでした。

気付いたらブランクが5年も空いてしまいました。

1年のブランクで復帰した時も、たった1年なのにとても大変でした。

ちょっと現場を離れると、知識なんてあっという間に忘れてしまいます。

毎日、沢山の情報が入ってくる仕事なので、常に情報に触れていないと忘れてしまいますね。

たった1年でも医療の現場は時間が経つのが早いな~と言う印象です。

私が産休を取っていた1年の間に、手書きのカルテから電子カルテに代わり、看護記録の方法も大幅に変更になっていました。

新しい薬も次々に出てきます。

その度に効果と副作用を調べなくてはいけません。

今後はブランク5年なので、もっと現場の様子は変わっていると思います。

先日、都が主催する看護師復職支援セミナーに参加しました。

私は1日セミナーに参加したのですが、復帰の前には仕事にスムーズに入れるように、もっと準備をしておかないとダメだなと思いました。

1日のみのセミナーでしたが、講義が中心のセミナーでした。

久しぶりに医療用語や看護用語に触れて、やっぱり色々と忘れてしまっているな~と思い知り、復帰までに何を準備しなくてはいけないのか、自分なりに考え直すきっかけになりました。

1日のみのセミナーでは、ブランク5年もある私には足りないと感じました。

セミナーは1日単位のものから3日や5日、7日間と色々な物があります。

今は条件の合う就職先を探している所です。

病院主催の復職支援セミナーもあるようなので、そちらも参加してみようかと思っています。

2013年8月14日|


自動相互リンク集GF NKI PR-Link s366 即時相互リンク登録